卒業生の声 | 北陸ビジネス福祉専門学校|富山県|医療事務・介護・精神保健福士

Voice

卒業生の声

voice

森田 杏 さん

森田 杏 さん(平成28年3月卒業)

特定医療法人財団五省会 整形外科クリニック事務部 診療支援課 医療クラーク 勤務(勤続1年)

学ぶだけではなく、夢が広がる学校
富山県に素敵な学校があります。
現在、整形外科クリニックで医療クラークとして頑張っています。
ドクターの隣で、電子カルテの入力をすることが主な業務です。専門用語の深い知識や入力の高い技術など求められることがとても多いですが、北陸ビジネス福祉専門学校で学んだことのすべてが役に立っています。
まだ、1年目なので、毎日緊張の連続で、時には気持ちが落ち込むこともありますが、そんな時は、今でも学校の先生を訪ねてパワーをもらっています。
学んだことだけではなく、自分にとっては友人や先生など大きな財産も手に入れることができました。
いろいろな出会いに感謝できるようになれたのも専門学校での学びのおかげだと思っています。
最初は、みんなできないことだらけです。できないこともできるようになり自信をもたせてくれるそんな北陸ビジネス福祉専門学校で自分の夢を大きく広げてもらいたいと思います。

柏木 結衣 さん

柏木 結衣 さん(平成22年3月卒業)

寺田皮ふ科ひ尿器科医院 勤務(勤続7年)

医療機関への就職率100%の学校で
日本医師会認定カリキュラムを学びましょう!
私は、北陸ビジネス福祉専門学校で数多くの資格を取得し、現在医療秘書として頑張っています。
親身に指導してくれる先生がいて、資格検定の他にもたくさんの体験やイベントがあり充実した2年間を送ることができました。
ただ学ぶ学校ではなく、学校全体が明るく、日々楽しく学ぶことができました。そして、医療秘書となり、2年間学んだことを生かせています。
患者様より、感謝の言葉をいただいた時には自信にも繋がり嬉しく感じています。
医療秘書という仕事は、日々勉強することが多くやりがいも多くあります。その分、学生時代に幅広く多くの資格を取得しておくと就職時も就職後もすごく有利になります。
医療秘書を目指すみなさん、ぜひ北陸ビジネス福祉専門学校を見に行ってみてくださいね。

 

voice

北川 來奈 さん

北川 來奈 さん(平成29年3月卒業)(富山県立八尾高等学校出身)

富山型デイサービス このゆびとーまれ 勤務

介護の現場は素敵なところ。
中学校からの夢が叶いました。
私は、現在富山型デイサービスこのゆびとーまれにて、介護福祉士として勤務しています。
中学校の頃、授業の一環で福祉の仕事体験をした時、介護福祉士として働きたいと思いました。
その夢が叶い、有意義な時間を過ごせています。中学生の頃は何も福祉のことが分からなかったのですが、利用者の方にお茶を出したとき、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えられ、こんな私でも役に立つことができると嬉しくて、介護の道を選びました。加えて、子どもが好きで保育士にも興味があったので、子どもからお年寄りの方が同じ空間で過ごしている本施設で仕事ができて幸せです。
今後は、北陸ビジネス福祉専門学校で教わった介護の知識・技術をベースに、利用者の方との関わりを大切にでき、信頼される介護福祉士になりたいです。

中川 亮子 さん

中川 亮子 さん(平成26年3月卒業)(富山県立滑川高等学校出身)

社会福祉法人 滑川市社会福祉協議会 勤務

専門学校で0から学んだ知識や技術が
今の力になっています。
私は、元々介護の仕事に興味はあったものの不安な部分があり、なかなか一歩進めずにいました。
そんな時に、実際に介護現場で働いている知人から介護の仕事のやりがいや楽しさを聞き、後押しを受けて、北陸ビジネス福祉専門学校に入学し、現在に至っています。
私は今ホームヘルパーとして、利用者の方のお宅に伺い、身の回りのお世話をさせていただいています。
ホームヘルパーのやりがいは、住み慣れた住居で生活を継続できる幸せを感じていただけるというところにあります。
例え自分の支援が24時間ある中の数時間でも、少しでもそう感じていただけるように日々邁進しています。
介護の知識や技術を学校で0からしっかり学べたことが、今の仕事に繋がっていると思います。

 

voice

喜多嶋 悠 さん

喜多嶋 悠 さん(平成25年3月卒業)

医療法人積仁会 岡部病院 勤務

看護師から精神保健福祉士へ、
日々喜びを感じています。
学校を卒業してから、今年で3年目になりました。
主に療養病棟を担当しているほか、急性期病棟や訪問看護、外来での相談など、多方面の業務を経験させていただいています。
入学前は精神科病院の看護師として入院中の患者様のケアが中心でしたが、相談援助職を目指して学校に入り直し、精神保健福祉士となった今思うことは、退院に向けてご本人やそのご家族、病院スタッフ、地域の関係機関の思いや足並みが揃って、退院していく姿、更には退院後の訪問支援でご自宅を伺う中で、「元気にやっています」と安定して生活を送っている様子を聞かせていただけることに喜びを感じています。
かつての看護師としての経験や思いを活かして、退院された患者様が地域で元気に暮らしている様子を伝えるなどして、多職種の連携がスムーズにいくよう、職員同士が日頃からのコミュニケーションを意識して取り組んでいます。

今泉 仁志 さん

今泉 仁志 さん(平成15年3月卒業)

独立行政法人国立病院機構 北陸病院 勤務

積極性や継続性が大切な仕事です。
その分、やりがいも大きく素敵な職業です。
現在、私は午前中に外来業務を中心にサービスの説明等相談支援を行い、午後からは自分の担当する病棟にて業務を行っています。
現在精神保健福祉士として勤務していますが、北陸ビジネス福祉専門学校へ入学する前は別の仕事をしていて、当時は精神保健福祉士という仕事自体知りませんでした。新聞に、開講の案内が出ているのを見て興味を抱き、学校の説明会に足を運び、精神保健福祉分野について色々と知っていく中で、入学することを決めました。
今でも、知識があまりない中で行った施設実習やグループ演習授業が心に残っています。実際の現場に出ることで、普段学校で勉強している授業が直結し、更に知識や技術を深めていくことができました。
この仕事は初対面の方とも多く接する仕事で、積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。
そして、コミュニケーションを取りながら、利用者の方と人生を共に歩んでいける素敵な仕事だと思っています。