医療秘書学科 | 北陸ビジネス福祉専門学校

日本医師会認定・富山県医師会認定

医療秘書学科

voice

森田 杏 さん

森田 杏 さん(平成28年3月卒業)

特定医療法人財団五省会 整形外科クリニック事務部 診療支援課 医療クラーク 勤務(勤続1年)

学ぶだけではなく、夢が広がる学校
富山県に素敵な学校があります。
現在、整形外科クリニックで医療クラークとして頑張っています。
ドクターの隣で、電子カルテの入力をすることが主な業務です。専門用語の深い知識や入力の高い技術など求められることがとても多いですが、北陸ビジネス福祉専門学校で学んだことのすべてが役に立っています。
まだ、1年目なので、毎日緊張の連続で、時には気持ちが落ち込むこともありますが、そんな時は、今でも学校の先生を訪ねてパワーをもらっています。
学んだことだけではなく、自分にとっては友人や先生など大きな財産も手に入れることができました。
いろいろな出会いに感謝できるようになれたのも専門学校での学びのおかげだと思っています。
最初は、みんなできないことだらけです。できないこともできるようになり自信をもたせてくれるそんな北陸ビジネス福祉専門学校で自分の夢を大きく広げてもらいたいと思います。

柏木 結衣 さん

柏木 結衣 さん(平成22年3月卒業)

寺田皮ふ科ひ尿器科医院 勤務(勤続7年)

医療機関への就職率100%の学校で
日本医師会認定カリキュラムを学びましょう!
私は、北陸ビジネス福祉専門学校で数多くの資格を取得し、現在医療秘書として頑張っています。
親身に指導してくれる先生がいて、資格検定の他にもたくさんの体験やイベントがあり充実した2年間を送ることができました。
ただ学ぶ学校ではなく、学校全体が明るく、日々楽しく学ぶことができました。そして、医療秘書となり、2年間学んだことを生かせています。
患者様より、感謝の言葉をいただいた時には自信にも繋がり嬉しく感じています。
医療秘書という仕事は、日々勉強することが多くやりがいも多くあります。その分、学生時代に幅広く多くの資格を取得しておくと就職時も就職後もすごく有利になります。
医療秘書を目指すみなさん、ぜひ北陸ビジネス福祉専門学校を見に行ってみてくださいね。