精神保健福祉学科 | 北陸ビジネス福祉専門学校

厚生労働大臣指定・精神保健福祉士一般養成施設

精神保健福祉学科

精神保健福祉士という相談や援助を行う国家資格の取得を目指し、社会福祉の価値や倫理を学び、それを基盤として精神保健福祉士に必要な知識、技術を修得していきます。

1年制
定員20名(大卒者対象)
厚生労働大臣指定
専門実践教育訓練給付制度対象講座
厚生労働大臣指定
精神保健福祉士一般養成施設
精神保健福祉士国家試験
合格率88.9%(平成28年度)
就職率94%(平成29年3月卒業生実績)

取得可能な資格

  • 精神保健福祉士(国家資格)国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格

介護福祉学科

入学生データ(平成27年度)

大学新卒の方から50代の方まで幅広く学んでる学科です。

  • 年齢 平均27歳
  • 男女比 男3:女7
  • 社会人経験有 57%

介護福祉学科

feature

平成28年度 精神保健福祉士(国家資格)
合格率88.9%達成!(全国平均61.6%)
国家試験に対応した授業。さらに、国家試験対策講座も開講しています。

濃密な1年で国家資格を取得!1年間の短期集中型で国家資格取得をサポートします。また定員数もこだわり一人ひとり丁寧な指導を行っています。

見学実習・研修・特別講座等充実の内容地域で活躍中のベテラン精神保健福祉士や卒業生などを招いての講座を開講。今の現場に即した実践力を磨きます。

現場経験が豊かな講師陣専任教員はみんな現場経験者。非常勤講師も現場で活躍中の方がたくさん揃っています。

地域に密着した就職サポート体制!富山県、石川県はもちろんのこと、希望先への就職をサポートします。

USUIの特色

teacher’s message

学科長 岩城 小百合 先生

学科長 岩城 小百合 先生

1年間をしっかりサポートします。
熱い思いを形にしましょう。
「精神保健福祉士になりたい」という学生の皆さんの熱い思いが感じられる日々です。その熱い思いを受け止めて、しっかりサポートします。国試合格、就職まで一緒に頑張りましょう。

教員 神通 一仁 先生

はじめて福祉を学ぶ方でも安心して下さい。
ともに精神保健福祉士を目指しましょう。
精神保健福祉士になりたいと思うようになったきっかけや、成し遂げたい夢や思い・願いも様々です。みなさん一人ひとりの夢が叶うように、サポートします。

教員 神通 一仁 先生

student voice

南 瑞希 さん

南 瑞希 さん東海学院大学人間関係学部卒

勤務先:社会福祉法人あしつき あしつきふれあいの郷

1年間の短期間で、少人数制の中で学べるので集中して勉強することができました。
入学当初はなかなかエンジンがかからなかったこともありましたが、就職先が決まってからは、将来がより現実的になり、ポイントをおさえたノートを別に作成するなど自分なりに工夫して勉強するようになっていきました。
サポート体制、環境が自分に合っていたと思います。

坂尻 のぞみ さん北陸学院大学人間総合学部卒

勤務先:社会福祉法人 金沢市民生協会ときわ病院

大学とは違い、同じ授業を同学年のクラスメイトと学ぶことができ、また、目標が一緒なので勉強に取り組みやすかったです。私は、過去問題等の問題集を反復して解き、分からないところは解説を見て納得しながら進めていきました。ワークブックに記入して覚えていくことで、後ですぐに見返せるように工夫もしました。通学に車で1時間ほどかかる私でしたが、限られた時間の中で集中して勉強することができました。

坂尻 のぞみ さん

高三 凌 さん

高三 凌 さん法政大学現代福祉学部卒

勤務先:富山市(精神保健福祉士)

私は、大学時代に心理学を専攻していました。その中で、ボランティアサークルの活動の経験を通して福祉分野にも興味を持ち始めました。病院だけでなく、地域やその方の障がいに向き合い、生活に関わる仕事をしていくことができる精神保健福祉士に出会ったのもこの頃です。そこで、私は生まれ育った地元で学ぶことを決意し、大学卒業後に北陸ビジネス福祉専門学校へ入学しました。精神障がい者の方への支援の歴史を学び、これから期待される分野であるということを知り、今後は自分が精神保健福祉士の分野で当事者また関係者の方の声を大事にし、障がい者の方を含むすべての人が生活しやすい地域づくりに貢献していきたいと思います。

川谷内 幸佳 さん金城大学社会福祉学部卒

勤務先:野々市市役所 社会福祉職

私は、大学時代の実習を通して精神保健福祉分野での相談援助職に就きたいと思い、北陸ビジネス福祉専門学校へ入学しました。日々の授業は、自分のなりたい職へ繋がっていっている実感がありました。病気に対しても漠然と理解するわけではなく、薬の効能を学ぶことで、症状との繋がりが見えてきます。今までの自分にはなかった新しい知識が多くあり、一つひとつを吸収していくことで利用者の方への理解が深まっていきました。日々勉強の毎日ですが、広く障がい者分野のプロフェッショナルとなることができるよう頑張っていきたいと思っています。

川谷内 幸佳 さん

news