精神保健福祉学科 | 北陸ビジネス福祉専門学校

厚生労働大臣指定・精神保健福祉士一般養成施設

精神保健福祉学科

voice

喜多嶋 悠 さん

喜多嶋 悠 さん(平成25年3月卒業)

医療法人積仁会 岡部病院 勤務

看護師から精神保健福祉士へ、
日々喜びを感じています。
学校を卒業してから、今年で3年目になりました。
主に療養病棟を担当しているほか、急性期病棟や訪問看護、外来での相談など、多方面の業務を経験させていただいています。
入学前は精神科病院の看護師として入院中の患者様のケアが中心でしたが、相談援助職を目指して学校に入り直し、精神保健福祉士となった今思うことは、退院に向けてご本人やそのご家族、病院スタッフ、地域の関係機関の思いや足並みが揃って、退院していく姿、更には退院後の訪問支援でご自宅を伺う中で、「元気にやっています」と安定して生活を送っている様子を聞かせていただけることに喜びを感じています。
かつての看護師としての経験や思いを活かして、退院された患者様が地域で元気に暮らしている様子を伝えるなどして、多職種の連携がスムーズにいくよう、職員同士が日頃からのコミュニケーションを意識して取り組んでいます。

今泉 仁志 さん

今泉 仁志 さん(平成15年3月卒業)

独立行政法人国立病院機構 北陸病院 勤務

積極性や継続性が大切な仕事です。
その分、やりがいも大きく素敵な職業です。
現在、私は午前中に外来業務を中心にサービスの説明等相談支援を行い、午後からは自分の担当する病棟にて業務を行っています。
現在精神保健福祉士として勤務していますが、北陸ビジネス福祉専門学校へ入学する前は別の仕事をしていて、当時は精神保健福祉士という仕事自体知りませんでした。新聞に、開講の案内が出ているのを見て興味を抱き、学校の説明会に足を運び、精神保健福祉分野について色々と知っていく中で、入学することを決めました。
今でも、知識があまりない中で行った施設実習やグループ演習授業が心に残っています。実際の現場に出ることで、普段学校で勉強している授業が直結し、更に知識や技術を深めていくことができました。
この仕事は初対面の方とも多く接する仕事で、積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。
そして、コミュニケーションを取りながら、利用者の方と人生を共に歩んでいける素敵な仕事だと思っています。