卒業生の声 | 北陸ビジネス福祉専門学校|富山県|医療事務・介護・精神保健福士

Voice

卒業生の声

voice

老田 舞子 さん

老田 舞子 さん(平成26年3月卒業)

医療法人社団 さいだ小児科医院 勤務

かけがえのないものを手にいれました ゼロからのスタートでしたが、できないことができるようになり、自信を持たせてくれたのが北陸ビジネス福祉専門学校です。
学んだこともそうですが、何より友人や先生など大きな財産を手に入れることができました。

砂田 萌美 さん

砂田 萌美 さん(平成27年3月卒業)

医療法人社団 かとうこどもクリニック 勤務

自分らしさを大切にしながら成長できる! 日々、様々なことに対応しながらの仕事なので落ち込むこともありますが、そんな時は先生を訪ねてパワーをもらっています。
在学中もいつもそばでサポートしてくれたので安心して学べ、2年間自分らしく過ごすことができ、充実した学生生活でした。

青山 夏希 さん

青山 夏希 さん(平成29年3月卒業)

にしむら整形外科クリニック(東京都新宿区) 勤務

学んだこと全てが私の原動力です 専門用語や医学的な深い知識や技術が求められる仕事です。
プラスαの教育の北陸ビジネス福祉専門学校で学んだことすべてを役立てて、信頼される医療秘書になれるよう頑張っています。

奥原 えり さん

奥原 えり さん(平成24年3月卒業)

立浪眼科医院 勤務

患者さんの笑顔がやりがいに 患者の方々から感謝の言葉をいただいた時が一番嬉しいです。
医療秘書という仕事は、日々勉強で、相手を思う気持ちや向上心がなくてはできない仕事でとても大変ですが、やりがいも多くあります。

中坪 由季乃 さん

中坪 由季乃 さん(平成29年3月卒業)

西尾薬局 勤務

現専門用語の深い知識や入力の高い技術などが求められることが多いですが、北陸ビジネス福祉専門学校で学んだことのすべてが役に立っています。

島先 花菜 さん

島先 花菜 さん(平成24年3月卒業)

医療法人社団平成会 桜井病院 勤務

日々緊張の連続で落ち込むこともありますが、そんな時は今でも先生を訪ねてパワーをもらっています。
学んだことだけでなく、友人や先生など大きな財産も手に入れることができました。

大江 遥香 さん

大江 遥香 さん(平成22年3月卒業)

医療法人社団 秋桜 丸川病院 勤務

ゼロからのスタートですが、できないこともできるようになり、自信を持たせてくれるそんな北陸ビジネス福祉専門学校で夢を大きく広げることができました。

山下 真理奈 さん

山下 真理奈 さん(平成20年3月卒業)

かとうこどもクリニック 勤務

患者の方々から感謝の言葉をいただいた時には自信につながり嬉しく思います。
医療秘書という仕事は日々勉強ですが、やりがいも多くあります。

森田 杏 さん

森田 杏 さん(平成28年3月卒業)

特定医療法人財団五省会 整形外科クリニック事務部 診療支援課 医療クラーク 勤務

学ぶだけではなく、夢が広がる学校
富山県に素敵な学校があります。
現在、整形外科クリニックで医療クラークとして頑張っています。
ドクターの隣で、電子カルテの入力をすることが主な業務です。専門用語の深い知識や入力の高い技術など求められることがとても多いですが、北陸ビジネス福祉専門学校で学んだことのすべてが役に立っています。
まだ、1年目なので、毎日緊張の連続で、時には気持ちが落ち込むこともありますが、そんな時は、今でも学校の先生を訪ねてパワーをもらっています。
学んだことだけではなく、自分にとっては友人や先生など大きな財産も手に入れることができました。
いろいろな出会いに感謝できるようになれたのも専門学校での学びのおかげだと思っています。
最初は、みんなできないことだらけです。できないこともできるようになり自信をもたせてくれるそんな北陸ビジネス福祉専門学校で自分の夢を大きく広げてもらいたいと思います。

柏木 結衣 さん

柏木 結衣 さん(平成22年3月卒業)

寺田皮ふ科ひ尿器科医院 勤務

医療機関への就職率100%の学校で
日本医師会認定カリキュラムを学びましょう!
私は、北陸ビジネス福祉専門学校で数多くの資格を取得し、現在医療秘書として頑張っています。
親身に指導してくれる先生がいて、資格検定の他にもたくさんの体験やイベントがあり充実した2年間を送ることができました。
ただ学ぶ学校ではなく、学校全体が明るく、日々楽しく学ぶことができました。そして、医療秘書となり、2年間学んだことを生かせています。
患者様より、感謝の言葉をいただいた時には自信にも繋がり嬉しく感じています。
医療秘書という仕事は、日々勉強することが多くやりがいも多くあります。その分、学生時代に幅広く多くの資格を取得しておくと就職時も就職後もすごく有利になります。
医療秘書を目指すみなさん、ぜひ北陸ビジネス福祉専門学校を見に行ってみてくださいね。

 

voice

北川 來奈 さん

北川 來奈 さん(平成29年3月卒業)

特定非営利活動法人 富山型デイサービス このゆびとーまれ 勤務

「好き」を仕事にできて、毎日が楽しい! 私が今働く職場は、老若男女、障害の有無を問わず、誰でも利用できる施設です。お年寄りも子供も好きなので、仕事はとても楽しくやりがいがあり、充実しています。
入職3年目となり、利用者の方の送迎など任される仕事も増えましたが、北ビでの2年間で学んだことは今でもしっかりと活かされています。正しい介護の知識・技術を身につけることが、利用者の方への充実したケアに繋がるからです。
今後は、技術はもちろん、利用者の皆さんから慕われ、信頼される介護福祉士になりたいと思います。

高桑 到 さん

高桑 到 さん(平成15年3月卒業)

社会福祉法人射水万葉会 天正寺サポートセンター 勤務

介護福祉士は「ありがとう」が溢れる仕事です 私は現在、(福)射水万葉会 天正寺サポートセンターのセンター長として勤務しています。学生だった頃を振り返ると、幅広い世代や外国人もいた中で、色んな刺激があり、毎日楽しかったです。また、学生思いの熱い先生がおられ、それが入学の決め手になったことを今でも覚えています。長く介護の業界に従事し、感じる介護福祉士の1番の魅力は、多くの人と出会えることや、「ありがとう」が日常に溢れる仕事だということです。世の中の仕事で、こんなに「ありがとう」を人から言われる仕事は他にないのではないでしょうか。今後、ご高齢の方はもちろん、若い方にももっと介護の魅力を広めていきたいと思っています。

遠藤 さおり さん

遠藤 さおり さん(平成21年3月卒業)

社会福祉法人 永寿会 特別養護老人ホーム 雨晴苑 勤務

世間のイメージはあくまでもイメージ
実際は笑顔あふれる素敵な仕事です
元々、人と関わり支えていく仕事をしたかった私は、自然と介護福祉士への道を歩んでいました。そして、2年間学校で介護福祉の専門知識や技術を学び、現在に至っています。働いてみて感じたことですが、介護福祉士の魅力は、利用者さんの身近な存在であること、また1日1日の変化を感じることができることだと思います。利用者さんの人生の一部に寄り添っていられることが、素敵な職業だと感じます。今は、周りの先輩や同僚、後輩等仲間の支え合いもあり、充実した日々を送っています。今後は、ケアマネージャーを目指して頑張っていきたいと思います。

中川 亮子 さん

中川 亮子 さん(平成26年3月卒業)(富山県立滑川高等学校出身)

社会福祉法人 滑川市社会福祉協議会 勤務

専門学校で0から学んだ知識や技術が
今の力になっています。
私は、元々介護の仕事に興味はあったものの不安な部分があり、なかなか一歩進めずにいました。
そんな時に、実際に介護現場で働いている知人から介護の仕事のやりがいや楽しさを聞き、後押しを受けて、北陸ビジネス福祉専門学校に入学し、現在に至っています。
私は今ホームヘルパーとして、利用者の方のお宅に伺い、身の回りのお世話をさせていただいています。
ホームヘルパーのやりがいは、住み慣れた住居で生活を継続できる幸せを感じていただけるというところにあります。
例え自分の支援が24時間ある中の数時間でも、少しでもそう感じていただけるように日々邁進しています。
介護の知識や技術を学校で0からしっかり学べたことが、今の仕事に繋がっていると思います。

 

voice

山本 真輝 さん

山本 真輝 さん(平成28年3月卒業)

社会福祉法人富山市社会福祉協議会 勤務

住み慣れたまちで暮らし続けていくために 私は、社会福祉協議会が行う多岐に渡る業務の中で、日常生活自立支援事業の専門員として、地域で暮らす知的や精神に障がいのある方や認知症の方で、施設や病院を退所・退院した後、生活費や書類の管理などに困難さをもつ人たちに対して、訪問支援や福祉サービス利用に関わる相談支援を行っています。様々な事情によって生活が立ち行かなくなった方たちが、福祉サービスへとつながり、安定した暮らしを取り戻していく姿や、利用者の方から「いつも、ありがとう」と伝えられたときにやりがいを感じます。将来は、より広く地域住民の方の相談や老人クラブなどの地域の相互扶助組織運営のバックアップにも携わり、地域の福祉に貢献してきたいと思っています。

佐々木 奈緒 さん

佐々木 奈緒 さん(平成28年3月卒業)

医療法人社団 弘仁会 魚津緑ヶ丘病院 勤務

生きていく楽しさを一緒に見つけていく喜び 学校を卒業してから、今年で3年目になりました。
私は、地域で在宅生活をしているご高齢の方や障害をお持ちの方、そのご家族の相談支援を行っています。学校で学んだ「寄り添う」という言葉の意味が、実際に相談者の方とのかかわりを通してその意味をより深く理解できるようになりました。在学中は子育てをしながらの限られた学習の時間でしたが、同期の人たちの存在が大きな支えになりました。卒業した今でも相談しあっていて、私の人生にとっての宝となっています。相談者の方が生きていく楽しさを見出して、乗り越えていく姿を見られることがこの仕事の喜びです。今後は、患者さん同士が互いに支えあえるような交流の場づくりや人と人とがつながりをもてるようなコーディネートにも取り組んでいきたいです。

学校で共に学んできた仲間と、さらなるステップアップを目指して

小塚 なつ美 さん(平成26年3月卒業)

吉田 茜 さん(平成27年3月卒業)

畑 ひさの さん(平成26年3月卒業)

社会福法人あしつき あしつきふれあいの郷勤務

学校で共に学んできた仲間と、
さらなるステップアップを目指して
私たちは、現在同施設にて勤務しています。1年間学校で共に学んできた仲間と、今度は仕事で連携を取りながら日々頑張っています。就労支援センター、生活支援センターと配属は違いますが、学校で学んできたことを活かしながら、利用者の方の相談支援業務に従事しています。私たちは過ごしてきた環境は違いますが、北陸ビジネス福祉専門学校に入学を決めた理由は、精神障がいを患っておられる方へ少しでも力になりたい、資格を取って専門知識を広げたいという同じ思いでした。
現在、利用者の方への就労支援、日常生活の相談、作業体験等々仕事の内容は多岐に渡りますが、継続して関わりを持ちながら支援しています。利用者の方から、感謝の気持ちを受けた時には、何とも言えないやりがいを感じています。今後は、現場で経験を積みながら更なるステップができるように頑張っていきます。

喜多嶋 悠 さん

喜多嶋 悠 さん(平成25年3月卒業)

医療法人積仁会 岡部病院 勤務

看護師から精神保健福祉士へ、
日々喜びを感じています。
学校を卒業してから、今年で3年目になりました。
主に療養病棟を担当しているほか、急性期病棟や訪問看護、外来での相談など、多方面の業務を経験させていただいています。
入学前は精神科病院の看護師として入院中の患者様のケアが中心でしたが、相談援助職を目指して学校に入り直し、精神保健福祉士となった今思うことは、退院に向けてご本人やそのご家族、病院スタッフ、地域の関係機関の思いや足並みが揃って、退院していく姿、更には退院後の訪問支援でご自宅を伺う中で、「元気にやっています」と安定して生活を送っている様子を聞かせていただけることに喜びを感じています。
かつての看護師としての経験や思いを活かして、退院された患者様が地域で元気に暮らしている様子を伝えるなどして、多職種の連携がスムーズにいくよう、職員同士が日頃からのコミュニケーションを意識して取り組んでいます。

今泉 仁志 さん

今泉 仁志 さん(平成15年3月卒業)

独立行政法人国立病院機構 北陸病院 勤務

積極性や継続性が大切な仕事です。
その分、やりがいも大きく素敵な職業です。
現在、私は午前中に外来業務を中心にサービスの説明等相談支援を行い、午後からは自分の担当する病棟にて業務を行っています。
現在精神保健福祉士として勤務していますが、北陸ビジネス福祉専門学校へ入学する前は別の仕事をしていて、当時は精神保健福祉士という仕事自体知りませんでした。新聞に、開講の案内が出ているのを見て興味を抱き、学校の説明会に足を運び、精神保健福祉分野について色々と知っていく中で、入学することを決めました。
今でも、知識があまりない中で行った施設実習やグループ演習授業が心に残っています。実際の現場に出ることで、普段学校で勉強している授業が直結し、更に知識や技術を深めていくことができました。
この仕事は初対面の方とも多く接する仕事で、積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。
そして、コミュニケーションを取りながら、利用者の方と人生を共に歩んでいける素敵な仕事だと思っています。