10月25日(水)特別講座

精神保健福祉学科では、平成29年10月25日(水)、精神障がい者のご家族の理解を目的に、NPO法人 富山県精神保健福祉家族連合会の理事長をされている青山さんをお迎えして、「家族としての体験・思い、家族会活動、精神保健福祉士に期待すること」と題して特別講義を開催しました。

青山さんからは、ご家族としての経験から、精神障害者家族会について全国と富山県内での動きについて、家族会のない時代から現在のNPO法人化、差別禁止富山県づくり条例の策定等の活動、家族支援実態調査の結果や、精神障がい者家族によるピア相談の活動など、幅広く活動されている様子を講義していただきました。また、今後、精神保健福祉士を志す学生のみなさんに期待することとして、精神科医療に伴うケアについて、当事者の声に向き合って相談に応じてほしいことや、本人の意向が尊重されるケア、生活支援と一体の支援のあり方、家族会運営への支援を期待しているなどの、精神保健福祉士に期待している思い・メッセージを頂きました。

お忙しい中、貴重な体験談を交えて、講義いただきましてありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします。