★☆★医療英語セミナーを開催しました★☆★<医療秘書・医療事務>

国際化が進む昨今、富山県内の病院でも外国の方々が来院されることが多くなってきています。

外国人患者の対応についての取り組みが進められていますが、特に外国人の患者さんと接する上で、必要な能力、特に聴く、話すというコミュニケーション能力が求められています。 そんな中、即戦力の人材育成を目指す医療秘書学科で、「医療英語セミナー」を開催しました。

セミナーでは、

外国人の患者さんが来院されたら・・・

・医療制度について理解してもらう

・どのような症状なのかを聞き出す

・あたたかい対応で不安をなくしてもらう

ということを重点において、ロールプレイングで場面ごとに実際に声に出しての授業となり、とても楽しく学ぶことができました(*^^)v

コミュニケーションのコツや、あたたかい言葉かけの英語なども伝授していただき、少しは覚えていてくれるといいなと思う内容でした。

医療従事者としても役立つと思いますが、海外旅行などで病院にお世話になることになったときにも役に立つことと思いますよ(^O^)/

具合の悪い方、不安に思っている方に対しての対応なので、的確に優しく英語で聴き取ったり話したりするにはもっと勉強が必要だと思いますが、今回のセミナーをきっかけに興味を持って実践で活かせるくらいになってくれたらいいなと思いました。。。

I hope you’ll be better soon.って自然と言えるといいね(^^;